PowerBook G4 2005late debianで復活

PowerBook G4(A1138) M9969J/AのHDDが壊れた.PowerPC最後のmacだ.捨てるわけにはいかない.新品のHDDに交換した.しかし以前も書いたようにリカバリ用のMac OS X 10.4 TigerのDVDが破損していて読み込めない.仕方ないのでdebian 8を入れた.本当は最新のdebian 9を入れたかったが,debian 9ではPowerPCのサポートが外されてしまった.仕方ない.debian 8のインストールは何の問題もなく終わり,1000Base-Tの有線LANも802.11b/gの無線LANもBluetoothも何も手を加えることなく動いた.上部キーによるディスプレイ明度の増減やボリュームの増減もそのまま動いた.Mac OS使っているときと変わらない快適さだ.すごいよ,debian.

10年以上前のマシンだが,スペックはなかなかのものだ.確か50万円くらいしたよ.

 CPU 1.67 GHz PowerPC G4 (7447a) 512 KB of L2 cache
 メモリ 2GB
 GPU ATI Mobility Radeon 9700
 液晶 15.2インチ 1440 × 960
 HDD 100GB
 英語配列キーボード
 Firewire 400 and 800
 有線LAN 10/100/1000 BASE-T
 無線LAN 802.11b/g
 Bluetooth 2.0+EDR
 USB2.0
 Double Layer SuperDrive
 Dual link DVI
 光デジタルオーディオ入出力
 CardBus slot (Type I/II)!
 56kbpsモデム!!
 S-Video/コンポジットビデオ!!!

いやはや,すごい装備だ.

 

ダークマターと恐竜絶滅

ダークマターと恐竜絶滅を読んだ.著者のリサ・ランドールはハーバード大学の物理学教授だ.難しいことを分かりやすく書いてくれる.途中で解説にオビワン・ケノービというのが出てきた.なんだこりゃ.変な名前だな.wikipediaで調べるとスターウォーズの登場人物だった.スターウォーズは人気があるなあ.私は2作見たが,どちらも面白いと思えず,それっきり見ていない.だって4足歩行戦車なんてお笑いじゃない.全然利点がない.ロープにひっかかって倒れてるし.戦車ならキャタピラつけろよと突っ込みたい.

しかしwikipediaのスターウォーズの項目を読むと「ああ,あの概念はスターウォーズから来ていたのか」と気付くことがいくつかあった.みんな見ているのだなあ.面白いとは思えないが見ておくべきかもしれない.

qmailの脆弱性

libretto20が完全復活したのでメールサーバーはlibretto20に戻った.qmailで運用している.qmailは1.03が1998年に出てから20年近く経つのに脆弱性はたった2件しか見つかっていない.しかもいずれも回避可能.そして私のようにメール送信にしか使ってない場合はそもそも脆弱性はない.すごいよねえ.作者のダニエル・バーンスタインは私より若い.うーむ,天才だな.

花王ビオレuも実質値上げ

ビオレuがきれたので買いに行った.パッケージが変わっていた.注ぎ口がちょっと上等になっていた.容量は以前400mlだったのが340mlに減っていた.値段は変わらず.これは実質値上げだな.注ぎ口を上等にして容量を減らすなんて,明治の「おいしい牛乳」と同じことをしている.ビオレuもおいしい牛乳も他社の製品に比べて圧倒的に競争力があるからできる芸当だ.競争力のない製品が容量を減らしでもしたら,すぐに別の製品に乗り換えられてしまうだろう.すごいなビオレu.花王の株は買いだな.

環境が人を創る

職場に中国から来た人が2人いる.男性と女性.もう日本に来て10年以上経つ.2人ともとても礼儀正しい.台湾に住む台湾の人も礼儀正しい.大陸に住む中国人とは違う.同じ人種なのに違う.DNAが人の性質を決めるのではなく,環境が人の性質を決めてしまうのだろう.大陸の環境と言えば共産主義だが,キューバの人は共産主義でも,のほほんとのんびり暮らしている.共産主義だからもれなくダメってことはなさそうだ.中国大陸の環境の特徴は「上層部が腐敗した共産主義」ってことだろうな.つまり中国の上層部を何らかの方法(革命か?)で排除できれば中国はまともな国に戻る可能性がある.同じことは北朝鮮にも言える.

プロバイダーメールはOCNとぷららが吉

プロバイダはいくつか乗り換えてきた.プロバイダに加入したときにもらったプロバイダドメインのメールアドレスはプロバイダ契約を止めても使えることが多い.そのためぷららとOCNとbiglobeのメールアドレスを持っている.差出人が名前@マイドメイン.jpのアドレスのメールを自宅サーバーからプロバイダのネットワークを使って配送したい.postfixをごにょごにょいじってプロバイダのメールサーバーへメールを投げてみた.OCNは問題なく送れた.ぷららは有料のセカンドメールアドレスで認証すれば送れた.biglobeは差し出し人をbiglobeのメールアドレスにしたときだけ送れた.ということでOCNがいちばん良くて,次がぷらら,biglobeは使えないということになった.

みちびきはなぜに8の字軌道

日本のGPS衛星みちびきの軌道を見たら8の字だった.どうやったらこんな軌道になるの?と小一時間考えたら分かった.静止衛星くらいすごく高い軌道をとればこんな軌道になり得る.で,調べたらwikipediaに答が書いてあった.こんな衛星を準天頂衛星というのだそうだ.

/etc/resolv.confのhard linkがどうちゃらというエラー

昔っから以下のエラーメッセージがログに書き込まれていた

restorecond: Will not restore a file with more than one hard link (/etc/resolv.conf)

直さなくてもよさげだが,今回直すことに.台湾の人が解決策を掲示板に書き込んでくれていた.

rm /etc/sysconfig/networking/profiles/default/resolv.conf
restorecon /etc/resolv.conf
ln /etc/resolv.conf /etc/sysconfig/networking/profiles/default/resolv.conf

あれ?次の日になったらまたログに同じエラーメッセージが.これでは直らないみたい.

postfixでSMTP AUTH送信

備忘録

postfixのバージョンは2.3.3

/etc/postfix/main.cf

relayhost = [ymail.mail.plala.or.jp]:587
 smtp_sasl_auth_enable = yes
 smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/relay_password
 smtp_sasl_security_options = noanonymous

/etc/postfix/relay_password

[ymail.mail.plala.or.jp]:587 user@ymail.plala.or.jp:password

編集した後は

postmap relay_password

を実行する.

ナスカの地上絵

ナスカの地上絵がなぜ描かれたかが謎のままになっている.歴史学者は「王は死後,天に昇ると考えられていたので,それを見送るために絵を描いた」と言っているが,これは疑わしい.死後天に昇るというのは日本でも西洋でも普通の考え方(いわゆる天国へ行くというやつだ)だ.そして天に昇った人から下界を見ると,なぜか細かいところまで普通に見えるのだ.日本の神話でもギリシャの神話でもそうなっている.わざわざ大きく描かなくても見えるのだ.ナスカの人だけ大きく描かなきゃ天から見えないと思ったと考えるのは不自然だ.しかも王のために描いたのなら王の墓のそばに描きそうなものだが,そうなっていない.地上絵が王のためのものというのはたぶん間違っている.

もっとシンプルに即物的に考えた方が良い.なぜあんな大きな絵を描いたのか.大きくなければ見えないと思ったからだ.なぜ見えないのか.それは空高いところから見るからだ.空高いところにいるのは誰だ.当時は飛行機や気球はなかったから,それは鳥だ.ケツァルコアトルっていう神聖化された鳥が南米にいた.その鳥に見せるために描いたと考えるのが自然だろう.ただし,この考えにもちょっと疑問点がある.鳥に見せると言っても,あの絵は大きすぎる.鳥は海抜3000mくらいは平気で飛ぶが,それは高い山を越えるためであって,用事もないのに地上から1000mも離れることはない.獲物を捕るために見渡すにしても地上から100mも上がれば良い.そして100m上から見るにしては地上絵は大きすぎる.あれはもっともっと上から見るのにちょうどよい大きさだ.

やっと言いたいことが言えるところまで来た.半分くらいの人はうすうすそうではないかと思っているのと同じ考えだ.地上絵は異星人に見せるために描いたのだ.それなら大きさの説明もできるし,なぜ描いたのかという動機も説明できる.天から降りてきた異星人と交流したナスカの人が感動してお礼に描いたのだ.なぜナスカに異星人が降りたかも説明できる.たまたま降りたということもあるかもしれないが,あの時代に異星人が降りる場所を選ぶとしたら欧州以外のどこかのはずだ.その中では南米がいちばんよさげに思える.異星人にしてみれば当時の地球人は文明レベルがずっと下だ.彼らから地球人をみれば猿みたいなものだ.猿だとしたらどんな猿と交流したいか.ずるがしこい猿や凶暴な猿には接したくはないだろう.だから欧州には降りたくない.できるなら穏やかな猿,礼儀正しい猿,好奇心旺盛でこちらに興味を持ってくれる猿がいい.それなら南米に降りるのがいちばんだ.異星人は南米に降りて,地上の人々と交流してそして去っていったのだ.考えてもみよう.私たちがいつかよその星を訪問することになったら,このときの異星人と同じことを思って,同じことをするというのは極めて自然な流れだろう.だから約2000年前にも同じことが起きたと考えるのも不自然じゃない.