PowerBook G4 2005late debianで復活

PowerBook G4(A1138) M9969J/AのHDDが壊れた.PowerPC最後のmacだ.捨てるわけにはいかない.新品のHDDに交換した.しかし以前も書いたようにリカバリ用のMac OS X 10.4 TigerのDVDが破損していて読み込めない.仕方ないのでdebian 8を入れた.本当は最新のdebian 9を入れたかったが,debian 9ではPowerPCのサポートが外されてしまった.仕方ない.debian 8のインストールは何の問題もなく終わり,1000Base-Tの有線LANも802.11b/gの無線LANもBluetoothも何も手を加えることなく動いた.上部キーによるディスプレイ明度の増減やボリュームの増減もそのまま動いた.Mac OS使っているときと変わらない快適さだ.すごいよ,debian.

10年以上前のマシンだが,スペックはなかなかのものだ.確か50万円くらいしたよ.

 CPU 1.67 GHz PowerPC G4 (7447a) 512 KB of L2 cache
 メモリ 2GB
 GPU ATI Mobility Radeon 9700
 液晶 15.2インチ 1440 × 960
 HDD 100GB
 英語配列キーボード
 Firewire 400 and 800
 有線LAN 10/100/1000 BASE-T
 無線LAN 802.11b/g
 Bluetooth 2.0+EDR
 USB2.0
 Double Layer SuperDrive
 Dual link DVI
 光デジタルオーディオ入出力
 CardBus slot (Type I/II)!
 56kbpsモデム!!
 S-Video/コンポジットビデオ!!!

いやはや,すごい装備だ.

 

qmailの脆弱性

libretto20が完全復活したのでメールサーバーはlibretto20に戻った.qmailで運用している.qmailは1.03が1998年に出てから20年近く経つのに脆弱性はたった2件しか見つかっていない.しかもいずれも回避可能.そして私のようにメール送信にしか使ってない場合はそもそも脆弱性はない.すごいよねえ.作者のダニエル・バーンスタインは私より若い.うーむ,天才だな.

プロバイダーメールはOCNとぷららが吉

プロバイダはいくつか乗り換えてきた.プロバイダに加入したときにもらったプロバイダドメインのメールアドレスはプロバイダ契約を止めても使えることが多い.そのためぷららとOCNとbiglobeのメールアドレスを持っている.差出人が名前@マイドメイン.jpのアドレスのメールを自宅サーバーからプロバイダのネットワークを使って配送したい.postfixをごにょごにょいじってプロバイダのメールサーバーへメールを投げてみた.OCNは問題なく送れた.ぷららは有料のセカンドメールアドレスで認証すれば送れた.biglobeは差し出し人をbiglobeのメールアドレスにしたときだけ送れた.ということでOCNがいちばん良くて,次がぷらら,biglobeは使えないということになった.

/etc/resolv.confのhard linkがどうちゃらというエラー

昔っから以下のエラーメッセージがログに書き込まれていた

restorecond: Will not restore a file with more than one hard link (/etc/resolv.conf)

直さなくてもよさげだが,今回直すことに.台湾の人が解決策を掲示板に書き込んでくれていた.

rm /etc/sysconfig/networking/profiles/default/resolv.conf
restorecon /etc/resolv.conf
ln /etc/resolv.conf /etc/sysconfig/networking/profiles/default/resolv.conf

あれ?次の日になったらまたログに同じエラーメッセージが.これでは直らないみたい.

postfixでSMTP AUTH送信

備忘録

postfixのバージョンは2.3.3

/etc/postfix/main.cf

relayhost = [ymail.mail.plala.or.jp]:587
 smtp_sasl_auth_enable = yes
 smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/relay_password
 smtp_sasl_security_options = noanonymous

/etc/postfix/relay_password

[ymail.mail.plala.or.jp]:587 user@ymail.plala.or.jp:password

編集した後は

postmap relay_password

を実行する.

libretto20の消費電力は10W

HDD交換により復活したlibretto20は常時通電サーバーとして使っている。webサーバー、mailサーバー、proxyサーバー、ファイルサーバーの役目を果たしている。メモリわずか20MBなのにちゃんと動く。カタログによると消費電力は10Wだ。常時通電でも電気代は少ない。ラズベリーパイ3はどうかというと2.5AのACアダプターが必要というから5V×2.5A=12.5Wなのかと思ったが、有志の実測によるとUSBに何も刺さなければ高負荷でも1Aいかないとのこと。つまり5V×1A=5Wだ。ラズパイの方が低消費電力でサーバー向けに良いと一瞬思ったが、ストレージがSDカードだ。HDDほどの耐久性はない。HDDを搭載しているlibretto20の方が安心だ。

libretto20 40GBのHDDで復活

HDD激安市場で買った新品の40GB HDDをlibretto20に入れてみた.40GB全部認識した.なんだ504MBの壁とか,8GBの壁とか悩むことなかったよ.これだと128GBまでは大丈夫だ.次にHDDが故障したら60GBか80GBを入れよう.私はパラレルATAのHDDが入ったノートパソコンを8台持っているので,予備にとHDDを3個新たに注文した.いまでも新品を売ってくれるとは助かるよ,HDD激安市場さん.


boot messageには以下のように表示される.

TOSHIBA MK4050GAC, 38154MB w/8192kB Cache, CHS=4864/255/63


fdiskを起動すると以下のようにboot messageの通りにパーティションが切れる

Disk /dev/hda: 255 heads, 63 sectors, 4864 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 bytes

Device Boot Start End Blocks Id System
/dev/hda1 1 13 104391 83 Linux
/dev/hda2 14 4858 38917462+ 83 Linux
/dev/hda3 4859 4864 48195 82 Linux swap

CentOS5.11でyumを使う

CentOS5はサポート切れになっているのでyumが使えない.再び使えるようにするには,/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoを編集してbaseurlを書き換える.

baseurl=http://vault.centos.org/5.11/os/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/updates/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/extras/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/centosplus/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/contrib/$basearch/

これで再びyumが使えるようになる.助かったよ.

poundのinit.dファイルと設定ファイル

20年ぶりにpoundを動かした。20年前はThinkapd 230CSで動かしていた。tarballからコンパイルしたのでinit.dファイルと設定ファイルを自分で書かなくてはならなかった。試行錯誤でできあがったのがこれ。


init.dのファイル

#!/bin/bash
 POUND_BIN=/usr/local/sbin/pound
 POUND_PID=/var/run/pound.pid
 POUND_CONF=/usr/local/etc/pound.cfg
 if [ ! -x $POUND_BIN ] ; then
     echo -n "Pound not installed ! "
     exit 5
 fi
 . /etc/init.d/functions
 RETVAL=0
 case "$1" in
 start)
     echo -n $"Starting pound "
     daemon $POUND_BIN
     RETVAL=$?
     [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/pound
     echo
 ;;

 stop)
     echo -n $"Shutting down pound "
     killproc $POUND_BIN
     RETVAL=$?
     [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/pound && rm -f $POUND_PID.*
     echo
 ;;

restart)
     $0 stop
     $0 start
 ;;

status)
     echo -n "Checking for Pound "
     status $POUND_BIN
 ;;

*)
     echo $"Usage: $0 {start|stop|status|restart}"
     exit 1

esac

exit $RETVAL

pound.cfgの内容

 User "daemon"
 Group "daemon"
 LogLevel 3
 Alive 30
 ListenHTTP
 Address 0.0.0.0
 Port 80
 RewriteLocation 0
 Service
     HeadRequire "Host: www\.hogehoge\.jp"
     BackEnd
         Address xx.xx.xx.xx
         Port 8080
     End
 End
 End