PowerBook G4 2005late debianで復活

PowerBook G4(A1138) M9969J/AのHDDが壊れた.PowerPC最後のmacだ.捨てるわけにはいかない.新品のHDDに交換した.しかし以前も書いたようにリカバリ用のMac OS X 10.4 TigerのDVDが破損していて読み込めない.仕方ないのでdebian 8を入れた.本当は最新のdebian 9を入れたかったが,debian 9ではPowerPCのサポートが外されてしまった.仕方ない.debian 8のインストールは何の問題もなく終わり,1000Base-Tの有線LANも802.11b/gの無線LANもBluetoothも何も手を加えることなく動いた.上部キーによるディスプレイ明度の増減やボリュームの増減もそのまま動いた.Mac OS使っているときと変わらない快適さだ.すごいよ,debian.

10年以上前のマシンだが,スペックはなかなかのものだ.確か50万円くらいしたよ.

 CPU 1.67 GHz PowerPC G4 (7447a) 512 KB of L2 cache
 メモリ 2GB
 GPU ATI Mobility Radeon 9700
 液晶 15.2インチ 1440 × 960
 HDD 100GB
 英語配列キーボード
 Firewire 400 and 800
 有線LAN 10/100/1000 BASE-T
 無線LAN 802.11b/g
 Bluetooth 2.0+EDR
 USB2.0
 Double Layer SuperDrive
 Dual link DVI
 光デジタルオーディオ入出力
 CardBus slot (Type I/II)!
 56kbpsモデム!!
 S-Video/コンポジットビデオ!!!

いやはや,すごい装備だ.

 

M0116の三角キーを押すと

RIMG0009

常用しているM0116キーボードには三角マークのついた電源キーが上部に付いている.これを押すと,そう,macintoshが起動するのだ.今日は久しぶりにPowerMac8515/120を起動してみた.車ならときどきエンジンをかけた方が長持ちするが,パソコンはどうなんだろう.通電しない方が劣化しないようにも思うが,果たしていつまでこのPowerMacが起動するだろうか.これでしか動かないmac drawを使っているので,起動しなくなるのは痛いのだ.

iTunes matchのエラーが減ってきた

エラーが多発していたiTunes matchだったが,何度も使っているうちにエラー曲数が減ってきた.なぜ?まあ,エラーが減るんだから良いか.

iTunes matchはSSD(HDD)が小さいマシンで威力を発揮する.128GBのSSDしか積んでいないVAIOで走らせてみた.ネットにさえ繋がっていたら好きなだけ音楽が聴ける.最高だ.FMラジオを聞いているのとそんなに違いはないんだが,自分でお金を払っていると曲がありがたく聞こえる.そういうもんかね.いや,そういうものだ.

Genius mixもなかなか良い.意外な組み合わせを作ってくれる.